ベルブラン ニキビ跡

ベルブランの特徴について

ベルブラン ニキビ跡
ベルブランは、ニキビ染み(ニキビ跡)に特化した専用の商品です。

ベルブランは、顧客満足度や、使い続けたい商品としても、とっても評価が高く、モンドセレクション2015でも金賞を受賞されました。

ここまで評価されている商品ですから、ニキビ染みで悩んでいる方は、一度試してみる価値はある商品だと思います。


今なら30日間返金保証もあり、安心して試すことができます。

さらにベルブランは定期コースにする事で、高い割引の特典を受けることができます。(60日間の返金保証になります)

定期コースは最低でも120日間の集中ケアコースですが、やはり、長い間のニキビ染みなどには、とりあえず4ヶ月程度は、ケアする必要がありますので、最低でもこのコースをお試しするのが良いと思います。

ニキビ跡に長い間悩んでいる方は、ぜひ一度ベルブランを試してみてはいかがでしょうか?


≪≪≪↓↓↓ベルブランのお得なweb購入窓口と詳細情報はコチラ!↓↓↓≫≫≫


ニキビ染みの原因とケア方法について


老若男女関わらず、お肌の悩みとしてトップクラスに挙げられるのが、ブツブツと目立ってしまうニキビです。

思春期はホルモン分泌の影響でニキビが出来やすいものですが、大人になってからもニキビに悩んでいる人は大勢います。

しかも、大人の場合は子どもと違って肌の新陳代謝も活発ではなく、炎症が酷ければ治った後もニキビ染みとして汚く残ってしまうこともあるのです。

ニキビ染みができる原因や適切なケア方法を知り、大切な肌をできるだけ綺麗に維持できるようにしておきましょう。

ニキビ染みとは、簡単に言えばニキビの跡が色素沈着として残ってしまった状態のことです。

通常、ニキビは肌に常在しているアクネ菌という雑菌が異常に活発に繁殖することで発生します。

ニキビができると、肌はアクネ菌を排除するために自ら活性酸素を生み出し、アクネ菌の力や数を削ごうとします。

この活性酸素は確かにアクネ菌をやっつけてくれる作用があるのですが、残念ながら同時に自分の肌細胞までをも攻撃してしまうという特徴があるのです。

活性酸素が作られれば作られるほど、今度は活性酸素から肌を守ろうとして特別なホルモンが分泌されてしまいます。

このホルモンがニキビ染みを作ってしまう原因で、分泌されることによって色素生成するメラノサイトを刺激し、メラニンが過剰に作られるようになってしまうのです。

実はこのメカニズムは、紫外線を浴び過ぎた場合に肌がメラニンを分泌して紫外線から肌を守ろうとする働きと同じであり、本来であれば肌のために欠かせないものです。

しかし、アクネ菌や炎症によって弱った肌にとってはあまり嬉しいものではなく、いつまでもメラニンが肌の奥深くに留まってしまって染みのように見えてしまうことになります。

色素沈着は一般的なシミのような茶色いものから、赤みが強いものまで個人によって差があります。

いずれも放置していてもすぐに綺麗になることは少ないので、日ごろからしっかりとケア方法を学んで実践することが大切です。

目立つ跡になって残ってしまったニキビ染みを改善させるには、何よりも肌のターンオーバーを正常化させることが重要です。

肌の奥深くから新しい細胞が作られれば、それが表面に出てくるに従って染みの原因であるメラニンも押し出され、やがて薄くなって消えていきます。

健康的な肌の人であれば、一般的に約28日周期でターンオーバーが行われるので、数ヶ月頑張ればシミはほとんど目立たなくなるでしょう。

しかし、年齢を重ねたり生活習慣が不規則だったりすると、この肌のターンオーバーが乱れて非常に長くかかったり、なかなか細胞が入れ替わらなくなってしまいます。

このような事態を避けるためにも、栄養バランスの取れた食事をしっかり摂り、十分な睡眠や運動をして肌細胞を活性化させるよう心がけましょう。

また、毎日のスキンケアにも注意が必要です。

ニキビ跡が気になってついつい力を入れて洗顔してしまう人も多いですが、これは逆効果です。

刺激を与えてしまうと更にメラニンが作られてしまうため、洗顔はできるだけ力を入れずに泡だけで優しく洗うようにしましょう。

最近では家庭で使用できるピーリング石鹸なども市販されており、使用することで角質が剥がれやすくなって肌のターンオーバーを促進する効果があるので試してみると良いでしょう。

洗顔後は、当然ですがしっかりと化粧水や美容液を使って水分を逃がさないように保湿します。

感想は肌を弱らせ、あらゆる肌トラブルのもとになってしまうのでくれぐれも注意しておきましょう。

このように、ニキビ染みのケア方法は基本的なスキンケアでも十分なので、毎日継続して努力するようにしましょう。

 

サイトマップ